ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

『3年間でやりたい30のリスト』を作ってから3年経った。終わってみれば、やりたいことを半分以上達成していました。

ども、田口(@tagu_h1114_18)です。

協力隊を始めたころに、3年間でやりたい30のリストというものを作りました。

とにかくできるかできないかは別として、ただやりたいことを書き連ね、リスト化していく。

達成したら消していく。新たにやりたいことが増えたら書き加えていく…みたいな形でリストを時たま眺めながらやりたいことを管理していました。

リストを管理し始めて3年が経ったので、どれくらい達成できたか見直してみましょうー!

 

地域おこし協力隊の任期3年間でやりたい30のリスト

1.畑で野菜作り ⇒2014年5月~野菜作り始めました。

2.田んぼで米作り ⇒2014年5月~お米作り、始めました。

3.大鳥で採れる山菜・キノコを一通り採れるようになる ⇒ある程度は見分けがつくようになった。

4.狩猟した獲物をさばけるようになる ⇒ウサギ・タヌキ・カモは多少捌けるようになった

5.狩猟免許取得 ⇒2014年1月に取得

6.狩猟の為の銃購入 2013年12月に取得

7.タブレット端末の購入 ⇒2013年12月に取得

8.阿仁マタギ、小国マタギに会いに行って話を聞く

9.個人ブログ(ひろろーぐ)で月間1万PVの達成 ⇒5万PVへ変更⇒10万PVへ変更

10.ワードプレスで大鳥HPの立上げ ⇒2013年7月達成

11.大鳥ライフをトータルでHPで紹介 ⇒2015年度に取り組む

12.大鳥で採れる山菜・キノコ・薬草レシピ集を作成 ⇒2015年度に取り組む

13.都会の人向けに里山暮らしの体験イベントを行う

14.大鳥の山菜・キノコ・お米をネット通販する ⇒2016年度に取り組む

15.小型の水力発電装置を作り、エネルギーの自給をする

16.大鳥PVを作る 2014年4月達成

17.大鳥のサポーターさんを5人集める(大鳥季節協力隊)

18.『ただ笑ってたいだけプロジェクト』をスタート・継続させる(大鳥山の教室として2014年8月スタート)

19.狩猟して獲れた獣の毛皮を皮製品にする ⇒2016年度に取り組む

20.村山徳内祭りに踊り手として参加 ⇒2013円8月達成

21.古民家改装

22.移動型居酒屋を地元の人へ向けてやる ⇒2013年8月スタート

23.大鳥のモノをイベントで出店

24.東北巡業の旅 青森・秋田・岩手・新潟を制覇する

25.大鳥ジャズで100人を呼ぶ

26.鶴岡でバレーボールをやる

27.エコハウス・タイニーハウスを作る

28.ブログ開設ワークショップを開催する ⇒2015年1月達成

29.解体ワークショップを行う。

30.ブログで月3万円稼ぐ。

31.大鳥民俗誌をつくる

 

現在での達成率は17/31 と、半分ちょっと。

3年以内に実現可能だろうな~と思ったことを中心に並べてみましたが、案外時間が足りなかったですね。
地域おこし協力隊の任期3年間でやりたい30のリスト | ひろろーぐ

 

 

 

一方で、協力隊一年目に作ったこのリストも毛皮製品を作るとかネット通販をやるとか、今後やりたいことに通じる部分もあって、ハッとします。

最初に思い描いていたことと見える世界は変わったけれど、やりたいことはあまり変わらないというか…。

過去も今も、見えている未来はそんなに大差なかったのかもしれませんね。

書き加えていく形になるけれど、これからもリストを使って自分の願望を書き留めていきたい。

 

あと、これから協力隊になる方や協力隊一年目の方はぜひ『やりたいことリスト』を作ってみてくださいー。

土日も関係なくイベントとかに駆り出されるのが割と普通だし、そういう働き方を楽しめるようになるまでは結構時間がかかる。忙しくしていると自分がそもそも協力隊としてきた理由とか、何をしたかったかとかを見失ってしまうことがある。

だけど、こういうリストがあって自分のやりたいことが視覚化されていると、忘れても見返すことができるからいいんですよね。眺めているだけでニヤニヤできるし、時間が空いたらあれやろう。って目標ができる。この目標を一つ一つクリアしていくのは楽しいです。

参考:現役高校生に向けて『人生でやりたい100のリスト作り』ワークショップを開催してきました。|ひろろーぐ

 

せば、またの。

-セルフマネージメント
-