ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

29歳になりました。

写真 2015-11-14 16 02 18

大鳥からほど近くにある、八久和ダム。大鳥と同じような奥山にありながら、ムラがダムで沈んでしまったところです。

 

ども、田口(@tagu_h1114_18)です

本日で29歳。生まれてから10,585日が経ちました。

 

ブログを始めてから、年をとるごとにブログを更新してきました。

参考:27歳になってようやく気づけたこと。|ひろろーぐ

参考:28歳になりました。|ひろろーぐ

一年前・二年前の文章を改めて見てみると、「こんなこと考えていたんだ。」「こんなことをやりたいと思っていたんだ。」って。あの頃の自分が少し懐かしく思います。

 

来年の今頃は何をしているんだろうな…。

協力隊が来年の4月いっぱいで終わることが決まっていて、それからは何の後ろ盾もなく生きることになる。厳しい現実(特に金銭面)と向き合うことになるだろうな…と静かに思いながらも、そんな未来を過ごすことに少し、ワクワクしています。

日々暮らしている中で、その時々で思いが変わり、人との関わりも、自分自身の活動も変わっていく…。去年の今頃に比べて僕はまた、変わった…。と思えます。

 

28歳では、ようやく人並みの暮らしができるようになった。

朝も起きられるようになったし、自炊もするようになった。畑仕事や田んぼ仕事が楽しい。掃除もたまにはするし、タバコも辞めた。人の出入りがある中で、自分の暮らしぶりも変わった。30歳を手前にして、生活習慣を改善できてよかったな…ってつくづく思う。

 

また、ここ最近では鬱っぽいやつを経験した。

参考:僕は一ヶ月の間、鬱(うつ)というやつにかかっていたらしい。|ひろろーぐ

人気者商売のような立ち振る舞いをしていることにも気付かず、大鳥での活動をおろそかにしていた。調子に乗っている時は、気づいているつもりでも気づけていない。

大きなモノを失って、自信を失い、言葉を失った。誰かと話すのは勿論、目を合わせるのも嫌だった。以前のように文章も書けなくなっていた。

そんな時期を一ヶ月ほど過ごし、身の丈にあった暮らし、仕事を望むようになった。

一度しくじった僕は、壮大で遠い夢をいつもキラキラとした眼差しで見つめることもなくなった。目の前のこと・やりたいことを淡々とこなしていき、自分のやれることを広げていく。そうしてこの先を切り開いていこうと思う。

いつか、大きな勝負をしなきゃいけなくなるその時まで、力をつけていきます。

 

それと、一生とも言えそうな友達と出会えた。フィールドは互いに違うけれど、生きていてくれるだけで励みになる人。肩を並べて共に歩んでいける人。

そんな人に出会えただけで、この一年があって本当によかったと思う。

 

29歳。

今年は、今まで以上に山に関わる時間が増やしていこうと思う。暮らしもきっと変わっていく。自給力をつけることを中心に活動していく。狩猟・採集をしたり、自炊したり。身の回りものを作ったり。収入が少ないながらも楽しく暮らしていくことに知恵を絞っていきたい。

 

あと、毎年、必ず一つは新しいことにチャレンジするようにしています。29歳では、大鳥~山熊田までの道をつけること。それと、ずっとずっと言い続けて未だにできていなかった、ネット通販をはじめること。他にもあるけど、とりあえずこの二つにチャレンジしたい。

 

それと、自然体。

話すことも、笑うことも、活動することも。自然体でいたい。

山に行って山菜をとったり、畑で野菜を育てたり。近所のおばあちゃんとおしゃべりしたり、家で調理したり。たまに飲み会をしたり…。淡々と日々を過ごす中に、オモシロイこと、ワクワクすること、夢中になれることが潜んでいる。

笑い転げたり、胃が痛くなったり、大声出して泣いたり…。一喜一憂していた20代前半が嘘みたいに、今は落ち着いた日々を過ごしています。だけど、自分に嘘がない暮らし。

こんな暮らしが続けられますようにしたい…。

 

明日はきっと、今日とたいして変わらない一日。

だけど、一年経てば大きく変わる。

 

来年の今日、僕には何が見えているのか…。今から楽しみです。

 

せば、またの。

-セルフマネージメント
-, ,