ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

【6/18(土)大鳥音楽祭を開催】参加料3,000円が高いとか、距離が遠いとか、仕事だとか。みんな予定があるかもしれないけれど、そんなのを乗り越えて大鳥音楽祭に来てほしいから僕は文章を書くんだ。

2016060215 ども、田口(@tagu_h1114_18)です。 6月18日(土)に、大鳥音楽祭をやります。入場料3,000円が高いとか、距離的に遠いとか、仕事で忙しいとか。それぞれ都合があって来れない、もしくは行く気がないかもしれないけれど、そんなのを全部乗り越えて、大鳥に来てほしいから僕は文章を書く。 現場に来なきゃわからんものを、言葉で説明するのは難しい。だけど、全力で投げかけます。   以前のインタビュー記事で、芸術は衣食住の延長にあるもの。そして、失われた力を呼び戻すもの。と大鳥在住の彫刻家、嶋尾和夫さんに教えてもらいました。 生きるために、芸術などなくても事欠かぬ。だけど、昔から人はそれを手放さなかった。   僕も、小さいときから音楽にずっと慣れ親しんできました。 中学校の頃から王道中の王道、J-POPばかり聞いていた。テレビではCOUNT-DOWN TVとかJAPAN COUNT DOWNとか、あとうたばんとかMステとか。そういうテレビで流れてた曲をチェックしてた。 超マイノリティー。初めて買ったCDは2000年に発売された福山雅治の『桜坂』。なんのこっちゃない。ロックやジャズ、海外のアーティストなんて殆ど知らない。だからかもしれないが、同級生がマイナー?なミュージシャンの曲を好んで聴いているときくと、何だか少し羨ましかった。 僕は中学生になって以来、音楽を耳から離したことはない。高校生になってからはWANDSやT-BORAN、RINDBIRGなどの80年代後半~90年代前半の曲にハマってた。同級生は誰も知らないけれど、当時所属していた社会人バレーボールチームの人たちとカラオケに行くと、ドンピシャなんです。目上の人にもわかる曲を覚えたいと思って聞き始め、20代の人向け、30代の人向けに唄い分けていました。「なんでこの曲知ってんの?」「まだ生まれてないやろ?」と聞かれるのは毎度のこと。おかげでJ-POPでは幅広く曲目を覚えて、友達がカラオケで唄う曲は当時はほとんど知っていた。 浪人している時は、自習している時は常にイアホンで音楽を聴いていた。机に向かって何かする時に音楽を聴きながらでないと集中できない体質になったのはこの頃からか。 大学生になってからは、流行りの曲を追いかけるのを辞め、youtubeで関連動画とかに出てくるアーティストの曲をランダムに聴いてみたり、メドレーを聴いてみたり。その頃はiPodも流行ってて、僕も買いました。半年で壊れましたが…。友達がDJをやっていた影響もあって、少しクラブ音楽に興味を持ち始めたのもこの頃。作ってくれたオリジナルMIX CDがお気に入りで、今でもたまに聴きます。クラブデビューは渋谷でしたが、どうもあの雰囲気に馴染めず、ナンパなんて出来ず、テキーラを飲みまくって死ぬほど吐いたこともあった。 通学するにも部活に行くにもバイトにいくにも、250ccのバイクで通っていました。耳にはイアホン。音楽を聴きながら時には東京⇔大阪を往復したこともありました。聴いていたのはJ-POPの懐メロが中心。なんだかんだ日本語が好きです。 社会人になって、ハートが少し強くなった僕は、再びクラブに挑戦。渋谷や新木場にはちょこちょこ行きました。一緒に遊びに行ける友達もいたので寂しくなることもなく、またクラブ音楽も少しは覚えたので結構楽しめたのを覚えてます。ライブハウスのバンドのノリはわからないけど、クラブのノリはちょっとはわかります。 山形に来てからも、家の中ではずっと音楽が掛かっています。聴いていると、作業がはかどるし、集中できる。気分転換にもなる。一人で無音だとたまに寂しくなるけど、音楽は結構紛らわしてくれる気がする。 ここ最近は、森の音を聞くようになりました。音楽とは違うかもしれないけれど、沢の近くで鳴くカエルの声、遠くでガサガサッ…と音を立てる鳥。近づくと飛び立つ、カモの羽音。葉っぱが風に揺れる音。   僕もずっと、音楽を聴くことを手放すことはできなかった そういえば3年前、とある占い師ではないけど、そういう人に見てもらった時に、「あなたは音が身近にあるといいわよ」と言われたのを思い出した。耳が肥えているわけでもないし、音楽の奏者としてはへっぽこ極まりないけど、音楽が聴こえる環境が好き。ただそれだけ。   前置きが尋常じゃなく長くなった。 聴かなくても死ぬことなんてない音楽を、ずっと手放せなかったのは中毒か。はたまた依存か。いずれにせよ、僕自身が暮らしたり働いたりする中でなくてはならないモノになっているのは間違いない。もしかしたら、僕を法政大学に受からせたのも音楽の力かもしれないし、僕を大鳥に導いたのも音楽の力かもしれない。 これは確かめようもないことだし、ハッキリするわけもない。 けれど、音楽好きならみんな、『お気に入りの曲』があるもので、その曲を頼って力を貰ったり、癒されたりしてきたんだよね。   なくてもいいものとして認めながらも、 なくては困るものとしても認める。   矛盾しているようで、していない。 音楽はやっぱりないとダメなんだねって。そういう見えない力をちゃんと認めてあげること。体で感じてみること。 僕は聴くばっかりで、奏でることができない。奏でられる人は心底羨ましいし、スゴイと思う。 数分、時には数秒で、人の心をグイッと持ち上げることができたり、人の心に寄り添ってあげることができたり、会話のいらない時間を作ってくれたり。   大鳥音楽祭には一流の奏者がくる。地元で頑張っている演者もくる。 音楽オンチでも聞いてりゃ鳥肌たちます。ホント、来てよみんな。キャンプファイヤーもやるし、打ち上げもある。素泊まり2,000円だから懐にも優しいよ。     いつかは芸術祭にしたい…。大鳥地域の色んなところに芸術作品が飾られて、歩きながら芸術作品に触れることができる。ステージでの音楽の演奏は勿論、映画の上映、トークイベント、ワークショップ、森あるきなどなど…。どんなことができるか、どんな形になるかわからないけど、今よりももっと大きな渦に。消滅しかけている山奥でこんなことができるのか…、と衝撃を与える場に…。 その過程にある大鳥音楽祭を、ぜひ見に来てほしいし、応援してほしい。   大鳥音楽祭の詳細は以下のホームページからどうぞ。 大鳥音楽祭ホームページ   イベントチラシ 2016060203   嶋尾さんのインタビュー記事2本。 芸術は衣食住の延長にあるもの。そして、失われた力を呼び戻すもの。~大鳥音楽祭の主催者、嶋尾和夫さんにインタビュー前編~|ひろろーぐ 大鳥音楽祭ができるまで。~大鳥音楽祭の主催者、嶋尾和夫さんにインタビュー後編~|ひろろーぐ   昨年の音楽祭のレポート 【イベントレポート】耕す者たちへの大鳥音楽祭のクオリティーが高すぎて昇天してしまいました。~”本物”とはなんなのか。”本当にスゴイ”とはなんなのか。その片鱗に触れられた気がする~|ひろろーぐ   最後はみんなで大きな火柱を上げるぞー!!!   せば、またの。

-イベント
-,