ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

やりたいことが見つかる?!お金の使い方

2015/01/29

どんなシーンでもモノを手に入れたり、サービスを受けたりするには、基本的にはお金を払うことは必須。

当たり前ですが…

 

厳密に言えば、資本主義だから…というのはありますが、難しい言葉は置いといて。

うまい棒一本買うのに10円とか、CD 買うのに1000円とか…

そのサービスの交換として、金を払っています。

でも実は…

払う金額が同じだからといって、価値が同じということはありません。

例えば、あなたが仲良い友達と馴染みのお店で飲み代として一万円使うのと、初めていくディズニーランドで一万円使うのでは意味が全く違う。

仲良い友達と馴染みのお店でお酒を呑むことはめちゃめちゃ楽しいし、楽しいことがわかっているからこそ1万円が払えてしまいます。

一方、初めていくディズニーランドは、女の子はディズニー楽しいしめっちゃ好き!っていう子が多いけど、
男からは、ディズニーめちゃめちゃ楽しい!絶対行っておくべき!なんて話は聞かないし…

「本当に1万円払って行く価値あるのかな?」って思ってしまいます。

初体験に使うお金を払おうするには大小はありますが勇気がいりますよね。

テレビや雑誌で取り上げられたり、友達に勧められたりして色んなものに興味を持ちますが、、、

どれだけ信用している友達でも。心の奥底では「本当か?」って思うこともあると思います。

例えば、アド街ック天国というテレビ番組で美味しいと評判のラーメン屋さんを紹介していたとします。

「いきますか?」

まぁ、ラーメン一杯700円くらいだったら行くかもしれませんよね~。

見返りが無くても(美味しく無くても)ダメージも小さいから。

じゃぁ、めちゃめちゃ仲良い友達に、誕生日でもなんでもなく、聞いたこともない高級フレンチに行こうと誘われて、しかもコースで3万円と言われたら、行きますか?

その友達との間柄にもよるかもしれませんが、大抵の人は「No!」だと思います。

お金持ちだったら余裕で「YES!」になるでしょ?なんて話ではありません。

お金に余裕がある人でも、たとえ大親友が紹介したとしても、全く聞いたこともない店のエステを「1回100万円で受けない?」と言われたら、踏みとどまると思います。

※いつでも稼げる自信と力があって、全財産を失っても怖くない。という人は別ですが…

実際にどれだけ自分に見返りがあるかわからないものに、汗水垂らして働いたお金を投じることは怖いですよね…

そして、そのお金を支払ったあなたに残念なお知らせです。

その初体験へ払ったお金と時間は裏切られることがよくあります。


美味しくて評判!とテレビで紹介されててラーメン食べに行ったけど、全然美味しくなかった!

高級なお寿司屋さんにいって、アブラが乗りまくっている中トロを食べたけど、100円の回転寿司と大して変わらん。

などなど…

払うお金が高くなればなるほど、「見返りはそれ以上に大きくないといけない!」勝手に期待してしまいます。

そして、その期待が裏切られた時、「同じ金額払うんだったら、仲良い友達と馴染みの店で呑んだ方が数倍楽しいのに…勿体ない事したな…」って思ってしまいます。

それは間違いないけど、実は間違っています

え?

どういうこと?

自分が頑張って、稼いだお金で支払ったサービスに対して、対等若しくはそれ以上の価値を感じれないと、ストレスとなり、二度とその体験に対してお金を払いたくなくなる。

当然ですね。

でも、それで良いんです。

そのお店に二度と行かなければ良い話なので…

その経験があるからこそ、そこには二度と行かないという選択をすることができるので…

 

逆に、「経験も根拠もなく、お金を払ってサービスを受けたけど、支払ったお金以上にめちゃめちゃ良い!」というものだったら素晴らしいですね!

そのサービスを心から好きになれるし、自信を持って誰かに紹介できると思います。

そうやって経験を積み重ねていって、色んなものを見る目が肥えていくんです。

そうやって経験を積み重ねていって、自分の感性が磨かれていくんです。

新しいモノを取り入れては、『自分とは合わない』と切り捨てていって、
また自分と合うものを求めては裏切られて…

そうやって常に新しいモノを求め続けていれば、いつか自分に合うもの、好きなモノ・コトにぶつかる気がしませんか?

お金を使う対象が、服でも良いし、靴でも良いし、旅行でも良いし、エステでも良い。
本でも良いし、お菓子でも良いし、好きなミュージシャンのライブでも良い。

人との出会いも同じ。

僕自身、社会人になってからパーティーやら飲み会やらセミナーやら朝食会やらで、数百人と出会ってきましたが、今自分の身の回りにいてとても仲良くさせて貰っている人は本当一握りの方々です。

学校でもそう。

一学年に300人という学校で、全員と親友になれますか?

不可能という言葉を使うのは嫌いですが、まぁ難しい…というか無理だと思います。

自分と本当に合う人なんて、100人出会って1人出会えば良い方だと…

陥りがちなのが、新しい体験をすること自体に価値を感じなくなってしまって、
今までの経験の中で楽しかったこと、良かったことだけを軸にして、今までと同じことを繰り返してしまうこと。

本当にもったいないです。

今までの経験は、今の自分を作ってくれている貴重な出会いと出来事ですが、
それと同じ経験を繰り返ししていても前には進めません。

なにも「自分の生活を全て捨ててでも100万円のエステを受けに行け!」って言っているわけではありません。

無理無茶をすると、生活費などの使わなければいけないところにお金が使えなくなってしまいます。

相当な自信と覚悟を持っている人は別ですが…

大体、自分への投資は収入の1割が良いと言われてます。

『先行投資』という言葉をネットで調べたら『目下の利益には結びつかなくても、ゆくゆく利益を得ることを見越して、投資を行うこと。先を見越した投資』と説明されていますが、僕の場合は少しニュアンスが違います。

『目先のお金にとらわれずに、長い目で見て、自分に利益になるモノや、経験を買うこと。』

「この人と一生付き合っていきたいなぁ」って、思える人となら、お金を払ってでも食事に行きたいと思えるだろうし。

「有名なギタリストになる!」と決めたなら、自分の今の生活を少し苦しくするけど、10万円のギターを買えるだろうし。

お金を回収することだけが先行投資では無く、知識や経験を買うという意識での先行投資が大切だと思っています。

そういうことにお金を使っていけば、『失敗したなぁ!』と思うことも多いけれど、

逆に自分はこういうことが嫌いなんだ!とか、好きなんだ!って発見できる良い機会になると思います。

興味の幅を広げて、色んなことにお金を使ってみると、もしかしたらあなたが何が好きなのかが見えてくるかもしれません。

-セルフマネージメント