ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

2015年8月 田舎暮らしの家計簿。支出 36.7万。収入 27.3万、複業は 10万。税金って、ほんと大変ね…。

住民税、今年度分、払ったどー!

ども、田口(@tagu_h1114_18)です。

 

ようやく、今年度最後の大きな税金を払い終えましたー!年金・健康保険に比べて金額は小さかったモノの、10万円は結構デカイっす…。

来年はマタギニートになることを見越して、来年度の税金支払い分をプールしておこう。

 

毎月家計簿をつけてブログで公開していると、着々と任期満了が近づいている実感をします。そろそろ、本格的に来年度のお金のこと、考えていかないとな。

 

最終的には出たとこ勝負なんだけどさ♪

死なないように、頑張るよ。

 

  参考:2015年7月 田舎暮らしの家計簿。支出26.8万。収入36.7万、複業は18.8万。遊ぶように働ける仕事って、最高です。|ひろろーぐ※この家計簿は、マネーフォワードで管理し、報告しています。

 

それでは今月も家計簿報告にまいりましょう。

2015年8月の家計簿 支出編

2015-09-15-01

当月の総支出:356,802円

 

今月の支出の目玉は住民税。一年分を払った合計が約10万円。

国民年金・健康保険も払ってきたわけですが、これらを合計すると41万…。

年間で41万って、かなり大きい。企業年金と健康保険を会社に半額払ってもらえるサラリーマンがいかに恵まれているかを実感しております。

来年からの暮らしに戦々恐々…。まぁ、自分が選んだからしょうがないよね。来年度は収入ダウンだけど、今年度の収入で税金(健康保険)が決まるが一番苦しい気がします。

頑張るよ、田口。

 

さて、その他カード引き落としに19万となっています。

ドローンの購入代金をカード引き落としする際に銀行口座にお金が入っておらず、督促されました。なので、カード会社様に振込させていただきました。

お恥ずかしい話ですね。。。

 

生活費ですが、食費・交際費・光熱費・ケータイ・ガソリンを含めて約6万円です。

一般的にはぼちぼちという感じですが、このままでは来年は赤字続きになりそうなので、そろそろマジでケータイ代のカットに取り掛かります。MVNOに変えます。

来年にはスーパーカブも買って、任期満了と共に車をやめます。

食費・交際費・光熱費・ケータイ代・ガソリン代・家賃を込み込みで5万円/月の出費へ。これが来年度の僕の目標です。

 

2015年8月の家計簿 収入編

2015-09-15-02

当月の総収入:273,689円

協力隊としてのお給料が例によって168,900円。

ガソリン代は、公務として使ったガソリン代を活動費の中から拠出していただいているので、自分のポケットマネーから払っていた分が帰ってきたという感じです。

 

 

複業はトータルで10万円

先月に大鳥池~以東岳の登山道草刈を2泊3日でお手伝いさせて頂いたのですが、そのお給料が5.5万とかなり大きかった。

体力的にキツイ仕事ではありますが、山は好きだし、山小屋でビール飲むのは最高に美味しいので、また来年もやりたいです。

そのほか、タキタロウ館の草刈りを手伝ったり、鶴岡市の会議に出席したり、文章編集のお仕事も続けさせていただいています。

 

自分から稼ぎにいくようなことはあまりしていませんが、お仕事がいただけるのは本当にありがたいです。

昨年は自分で仕事を作れるように、小松夫妻からいろいろ学ばせてもらってワークショップにチャレンジしていました。おかげで、イベントはどんな風に開催したらいいのか、間近でたくさん学ばせてもらった。

今年は自分がやりたいこともあって殆どワークショップや生業作りに時間を避けていませんが、大鳥にいる時間が長くなった分、地域の人との関わりも増え、地域の人からお仕事を頂くことも少し増えてきました。

 

副業ができるようになった昨年から今までで一つ、気づいたことがあります。

地域の外でばかり仕事をすると、地域の仕事に関わる機会が減り、かといって地域にばかり関わっていると外で仕事をする機会が減るように思えます。

地域で仕事が依頼されるときは急な依頼が多くて、大鳥にいなければつかめない情報もあったりします。普段から付き合いをしていたり、大鳥にいるという安定感がなければ、おじいちゃん・おばあちゃんにとしても仕事を依頼しにくいのかなって思う。

 

だからといって、ずっと大鳥にいることもできないので、地域と外との関わる時間のバランスを自分なりに考えながら活動していく必要があると感じています。

 

終わりに…

この家計簿報告も一年が経過しました。

家計簿を続けていて思うのは、毎月いくら収入があって、支出があって、いくらお金がプールされているのかがちゃんとデータでわかることで、協力隊が終わった後のぼんやりとしたお金への不安がなくなるということ。

どこを工夫しカットすればもう少し楽になるのか、どこを伸ばしたらもっと収入が上がるのか。

そういう大切な部分を感覚値ではなく、視覚的に見れるというのは大切だと思います。

 

どこかのタイミングで生活費に関わる支出をまとめて報告できればなと。

 

また、この報告でも画像として使っていますが、相変わらずMoneyForwardにもお世話になっています。

スマホでもPCでも家計簿がクラウド上管理でき、更には貯金の金額や、クレジットカードの支出の金額をも自動で計算し、一覧でクラウド上で管理できてしまう。これを使い始めてから、お金の勘定の大切さが身にしみてわかるようになりました。

何か事業やワークショップをするにしても、イベントをするにしても、仕入れがいくらで、売価がいくら、利益としてはこのくらいを見込みたい…という計算を積み重ねることで少しづつ自立の道も開けてくるのかなと思います。

スマホでもPCでも一元管理できるMoneyForwardはホントに便利。

小商いを始めた人、複業を始めた人にもオススメですよー! お金もかからないのでぜひ導入してみてくださいね。

 

せば、またの。

-里山家計簿
-,