ひろろーぐ

小さな山村で暮らしながら、地域社会、民俗、狩猟、採集について考察・再定義するブログ

2018年4月14日 酒田市の生涯学習施設「里仁館」特別公開講座に登壇します。

ども、田口(@tagu_h1114_18です。

山形県酒田市にある生涯学習施設「里仁館」というところの佐藤純子さんからご依頼頂き、4月14日に松山城跡にて1時間ほどお話する機会を頂きました。

 

今回は里仁館の特別公開講座という枠で、「地域おこし協力隊が地域人になるまで」というテーマを予定しています。

山形県内でも言葉が定着しつつある「地域おこし協力隊」制度のことは、僕が現在に至る経緯を話す上で欠かせないキーワードなのですが、内容はもう少し広く…と考えています。"余所者が山村地域にどのように定着していくのか"、"山奥の過疎地域をどう捉えていくのか"みたいな答えのない問いをみなさんと一緒に考えられるような。

参加するみなさんにも有意義な時間を過ごして頂けるよう準備しますので、関係者のみなさん、参加者のみなさんよろしくお願い致します。

 

 

イベント情報

日時:2018年4月14日(土) 10時30分~11時半 (開場 10時20分~

場所:松山城址館 酒田市字新屋敷34

参加申し込み不要、入場無料。

講師:田口比呂貴

テーマ:地域おこし協力隊から地域人になるまで

PDFデータ:チラシ 20180414

※チラシの髪型は1ヶ月ほど前のもので、今は割と普通の髪型になりました。笑

 

また、この里仁館が通年で行っている教養講座というのがあるのですが、ここの講座がとてもとても魅力的。

今年度の講座一覧では僕が所属してお世話になっている庄内民俗学会の春山進先生や渡辺幸任さん、庄内の地域史を研究している三原容子さんなど。地域の歴史や文化にとても詳しい方々がずらりと並ぶ素晴らしい講座。

僕も機会があれば受けてみたい。

 

せば、またの。

-イベント